注意!★提出期限や添付書類に間違いがないよう気をつけて手続きを行いましょう。
     ★TOPASとは一切連動していません。必要に応じてTOPASの手続きを行ってください。
 

健康保険ガイド

保険給付一覧(早見表) 医療費のお知らせ 病気やケガで会社を休んだとき 子供が生まれたとき 家族に異動があった 会社を退職した 本人・家族が亡くなった 医療費が高額になったら 交通事故等にあったとき その他の現金給付 治療用装具を作製したとき 眼鏡・コンタクトレンズを購入したとき 柔道整復師にかかるとき 海外療養費支給について 健康保険証をなくしたら 氏名が変わったとき
子供が生まれたとき

赤ちゃんをTOTO健康保険組合の被扶養者にするための手続き

手続き方法

TOPASで健康保険扶養申請の登録後、「健康保険被扶養者届(加入)」を出力し、健保窓口に提出。


出産に関する給付と手続き

出産とは、妊娠4ヶ月(13週)以降の分娩をいいます。流産、死産等の場合でも13週以降であれば出産とみなされ給付の対象となります。


出産育児一時金

出産育児一時金制度は、健康保険の被保険者またはその扶養家族が出産したときに、経済的負担を軽減するため、一定の金額を支給する制度です。妊娠13週目以降の出産であれば、生産、死産等を問わず対象となります。

支給金額(1児につき)
(平成27年1月1日より適用)
・海外での分娩
・妊娠22週未満の分娩
・死産
40万4千円
・分娩した医療機関が
産科医療補償制度に

加入していない
加入している
42万円

※妊娠12週以内の分娩は出産育児一時金対象外
受取方法について

出産育児一時金等の受取方法には次の3つがあります。

①受取代理制度(本人が出産前にTOTO健康保険組合に申請することにより、医療機関が本人の代理で受け取る方法)

・出産費用が出産育児一時金を超えた場合、本人は超えた額を医療機関に支払います。

・出産費用が出産育児一時金を下回った場合、差額はTOTO健康保険組合から本人に自動的に支払われます。

②直接支払制度(医療機関等がTOTO健康保険組合に直接請求する方法)

・出産費用が出産育児一時金を超えた場合、本人は超えた額を医療機関に支払います。

・出産費用が出産育児一時金を下回った場合、本人は差額をTOTO健康保険組合に請求します。

③本人が出産費用を全額負担したうえで、TOTO健康保険組合に出産育児一時金を請求する方法


受取方法により手続きや請求書の様式が異なります。下記をご参照ください。

①受取代理制度を利用した場合 ②直接支払制度を利用した場合 ③直接支払制度・受取代理制度を利用しない場合 ※海外での出産については③の申請方法になります。(一時金40万4千円

出産手当金:(被保険者出産の場合のみ)

出産で仕事を休んで給料が支給されない場合は、産前42日(多胎妊娠98日/予定より出産が遅れた場合はその日を含む)、産後56日の範囲で出産手当金が支給されます。

手続き方法

「出産手当金請求書」に医師または助産師の証明を受けて会社の健保窓口に提出。

支給される金額

1日あたり、支給開始日が属する月以前の、直近の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額(※)の3分の2
※被保険者期間が12ヶ月未満の場合は、A・Bいずれか低い額。

  1. 支給開始日が属する月以前の、直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額
  2. 前年度のTOTO健保組合の平均標準報酬月額の30分の1に相当する額
受給できる期間中、1日あたりの出産手当金支給額に変動はありません。

ただし、平成28年3月以前分の出産手当金は、上記によらず直近の標準報酬日額を用いて計算されます。


被扶養者が出産したとき
1児につき一律42万円*の「家族出産育児一時金」が支給されます。なお、双子以上の場合は人数分支給されます。

* 産科医療補償制度に加入していない医療機関および海外で出産した場合には支給額は1児につき40万4千円

手続き方法

直接支払制度を希望し、出産費用42万円(*40万4千円)未満の場合

医療機関等から発行された明細書等をTOTO健康保険組合へ提出し差額を請求してください。家族出産育児一時金の上限を超えた場合は自己負担となりますので、当該医療機関へお支払ください。



直接支払制度を希望しない場合

医師・助産師または市区町村長からの証明を受けた「出産育児一時金請求書」に出産費用の領収書(原本)と医療機関から交付される「合意文書」の写しを添付し、会社の健保窓口に提出。



産前産後休業および育児休業中の保険料は免除

申請すれば、保険料が免除されます。 申請方法については会社の人事担当課にお問合せください。


資格喪失後に出産した場合(対象:本人)

▼資格喪失後6ヶ月以内に被保険者が出産したときは、
出産育児一時金が支給されます。

(注)出産育児一時金は退職後、夫の扶養家族となり、家族出産育児一時金(出産費)として他の健康保険で受給できる場合は、どちらか一方の選択となります。重複請求はできません。

* 産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合には支給額は40万4千円


▼資格喪失時に出産手当金をもらっていた場合(対象:本人)

下記に該当する場合は支給を受けることができる場合があります。退職日に出勤した方へは支給されません。

(1)TOTO健康保険組合加入期間が1年以上あり、出産手当金をもらっている途中で退職した場合。

(2)TOTO健康保険組合加入期間が1年以上あり、出産手当金をもらえる条件を満たして退職した場合。


▲PageTop
 
 

Copyright© TOTO健康保険組合 All rights reserved.
 PDFファイルをご覧いただくためにはAdobeReader日本語版(無償)が必要です。最新版のご利用を推奨いたします。