TOTO健康保険組合
注意!★提出期限や添付書類に間違いがないよう気をつけて手続きを行いましょう。
     ★TOPASとは一切連動していません。必要に応じてTOPASの手続きを行ってください。
 

介護保険ガイド

介護保険制度の概要

介護保険は、加齢に伴って体の機能が衰え、日常生活に支障が生じた人に、全国の市区町村が保険者となって介護サービスを提供する新たな社会保険制度として、平成12年4月にスタートしました。

お年寄りの介護にかかる費用を40歳以上の人全員で負担し、年老いて寝たきりや認知症になったとき容易に介護サービスが受けられるようにするというのが、この制度の仕組みです。また、民間会社も加わり幅広いサービスが提供されています。

介護保険のしくみ
介護保険の運営

介護保険の保険者は各市町村および特別区(東京23区)で、地域の実情に即した運営が可能です。また、国や都道府県、健康保険組合などの医療保険者、年金保険者がさまざまな面で制度を支えています。

介護保険に加入する人

40歳以上の人は、全員が介護保険に加入し、被保険者となります。40歳を過ぎると、老化に伴う病気の発生が考えられる年齢となるうえ、親などの介護が必要となる可能性が高くなるなど、介護が身近なものになってくるからです。

このうち、65歳以上の人を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人を第2号被保険者と区分します。健康保険の被扶養者も、介護保険では被保険者となります。

 
 

Copyright© TOTO健康保険組合 All rights reserved.
 PDFファイルをご覧いただくためにはAdobeReader日本語版(無償)が必要です。最新版のご利用を推奨いたします。