注意!★提出期限や添付書類に間違いがないよう気をつけて手続きを行いましょう。
     ★TOPASとは一切連動していません。必要に応じてTOPASの手続きを行ってください。
 

個人情報保護

個人情報の共同利用について

TOTO健康保険組合(以下「組合」という。)は、その保有する個人情報(個人データ)について、次のとおり共同での利用を行いますのでお知らせいたします。

なお、個人情報保護法第23条第4項第3号において、「(1)個人データを共同して利用すること、(2)共同して利用される個人データの項目、(3)共同して利用する者の範囲、(4)利用目的および(5)個人データの管理責任者の氏名・名称について、本人が容易に知り得る状態に置いてあるとき」は、当該個人情報(データ)の提供を受ける者は第三者に該当しないことから、あらかじめ本人の同意を得ずに当該個人情報(個人データ)を他に提供できることとされています。

1. 高額医療給付に関する交付金交付事業

(1) 個人情報(個人データ)を共同利用する趣旨

健康保険法附則第2条に基づく事業で、当組合にとって高額な医療費が発生した場合に、その費用の一部が健康保険組合連合会(健保連)から交付されます。その事業の申請のために、診療報酬明細書(レセプト)のコピーと当該レセプト患者氏名、性別、本人家族別、入院外来別、診療年月、請求金額などを記載した書類(交付金交付申請総括明細書)を健保連・共同事業一課に提出いたします。

(2) 共同利用する個人情報(個人データ)の項目

前項の「交付金交付申請総括明細書」の記載事項のほか、レセプト記載データの1枚目(請求金額が1千万円以上のレセプトについては、レセプト記載データの全て)の部分の項目

(3) 共同利用者の範囲

• TOTO健康保険組合職員
• 各事業所担当者
• 健康保険組合連合会 共同事業一課担当者
• 健保連の業務処理委託業者

(4) 共同利用する者の利用目的

当組合においては、1の事業申請を行うことにより、交付金の交付を受けるために利用します。健保連・共同事業一課は当組合からの申請に間違いがないかをチェックし、適正な交付を行うために利用します。なお、健保連では、申請の時効等の関係上、レセプトコピーについては、1年程度保存し、イメージデータにしたものを4年程度保存します。

(5) 利用停止の手続

共同利用の停止を希望される場合にはご連絡ください。

2. 健康診断(定期健診・生活習慣病健診・自動化健診・特定健診)事業

(1) 個人情報(個人データ)を共同利用する趣旨

当組合では、被保険者の健康管理を考える上で効率的、効果的であるため、健康診断(定期健診・生活習慣病健診・自動化健診・特定健診)事業を事業主と共同で行います。

(2) 共同利用する個人情報(個人データ)の項目

保険証記号番号、個人コード、所属コード、所属名、氏名、性別、生年月日、年齢、住所、電話番号、健診年月日、健診機関名、健診結果データ、健診未実施項目、相談・指導内容

(3) 共同利用者の範囲

事業主:健診担当者、看護師、保健師、産業医、嘱託医
当組合:保健事業担当者、保健師

(4) 共同利用する者の利用目的

 健診の事務処理、保健指導、健康相談、データ分析、事業主の官庁届出

(5) データ管理責任者

当組合:常務理事

(6) 利用停止の手続

共同利用の停止を希望される場合にはご連絡ください。

▲PageTop
 
 

Copyright© TOTO健康保険組合 All rights reserved.
 PDFファイルをご覧いただくためにはAdobeReader日本語版(無償)が必要です。最新版のご利用を推奨いたします。